学校の方へ

学校の方へ

くるまマイスター検定は受検者数の増加とともに自動車業界からも注目を集めており、就職活動を行う学生様のメリットとしても期待が高まっています。マイスター検定事務局では、学生様向けに学割受検や学校受検のプランをご用意し、受検いただきやすい環境作りに取り組んでいます。

教育機関様が検定を採用するメリット

学生の就職活動に役立つ

学生様の就職活動に役立つ

現在、自動車に関する総合的な知識を得られる検定試験はくるまマイスター検定だけとなります。合格者の増加に伴い幅広く活用されており、例えば合格実績を履歴書に記載することで、自己PRを充実させることができます。

地域からの認知度向上

業界や地域での認知度向上

学校施設を学生様だけでなく一般の受検会場としてご提供いただくことで、近隣の方々との交流も深まり、業界や地域での認知度向上に大きく繋がるとご好評いただいています。問題用紙とともに、学校案内資料を受検者の方々に配布することも可能です。

学生の受検をサポートする学割

学生様の受検をサポートする学割

24歳以下の学生様を対象とし、受検料の学生割引(1,000円引き)を行っています。自動車産業の未来を支える若い方々がもっと車を好きになってもらえるよう、受検環境も最大限サポートさせていただきます。

ご活用いただいている教育機関様の声

ご採用いただいている方々

学校法人〇〇 ×××

筑波研究学園専門学校 自動車整備工学科 学科長
杉山由紀夫様

TIST自動車整備工学科は、いつも自動車整備士を目指す学生の活気に溢れています。「自動車産業」の授業では、「くるまマイスター検定」公式ガイドブックを用いて、「くるまマイスター検定」合格を目指しています。
自動車業界の幅広い知識を習得することで、当学科が目指す見識のあるオールマイティな自動車整備士に近付けると考えています。学生のくるまへの興味を深めることが出来る「くるまマイスター検定」をこれからも応援します。

学校法人〇〇 ×××

埼玉自動車大学校 校長
金子勉様

埼玉県受験会場である本校はプロとしてスペシャリストとして、新しい時代を担う最先端の技術者を養成する学校です。
検定当日、来校された際は、自動車ハーフカットモデル、教材等、本校設備を是非見学してください。新たな発見があると思います。
また、検定を通じて習得した幅広い知識とくるまの魅力も発見してください。

受検いただいた方々

飯野純也様

埼玉自動車大学校
飯野純也様

幅広い知識を付け、新たな発見があり楽しく勉強できます。昨年2、3級を受験したので、1級チャレンジします。

学校法人〇〇 ×××

自動車専門学校卒業生

就職活動をするにあたって、教頭から受検を進められて受けました。現在ディーラーで整備の仕事をしているのですが、お客様の接客をする時に検定で学んだ自動車の知識が役立っています。

より詳しい受検メリット、活用事例などをまとめた資料をご用意しています。
ご検討される教育機関様は、お気軽にご連絡ください。

教育機関様向け受検サービス

試験運営委託プラン

検定試験運営マニュアル、問題用紙等を教育機関様にお送りし、教育機関様にて試験運営を行っていただくプランの代表的な流れです。
(会場提供のみいただき、試験運営スタッフは事務局から派遣するプランもございます)

STEP.1 お問い合わせ

まずはお気軽に、お問い合わせください。プランごとの特徴、学校法人様で運営を受け入れるメリット等を詳しく説明させて頂きます。学校行事との連携、ゲストを呼んだトークショーなどのご提案も可能です。

STEP.2 受検プランのご説明

お問合せに応じて、プランごとの特徴、メリット等を詳しくご説明致します。学校行事との連携、ゲストを招いたトークショーなどのご提案も可能です。現在提携をしている教育機関様の事例もご紹介させて頂きます。

STEP.3 業務委託契約

お打ち合わせ内容を踏まえ、プランに合わせて業務委託契約書を締結します。当法人にて用意した雛型をお送りさせて頂き、内容確認の上、作業を進めていきます。

STEP.4 試験運営のお打ち合わせ

当法人にて用意した運営マニュアルを元に、検定の受け入れに向けたお打ち合わせをさせて頂きます。打ち合わせは1,2回程度を予定しています。

STEP.5 受検者情報の確定

受検のお申し込み受付は、マイスター検定協会にて行います。教育機関様で専用の受付フォームなどご用意頂く必要はありません。学生様の団体受検をご希望される場合は、一括申込用フォーマットもご用意しています。

STEP.6 試験当日

お打ち合わせ内容に従って、試験官や会場誘導などの運営スタッフを配置いただき、試験の運営をお願い致します。試験終了後、会場独自のイベントなど実施いただくことも可能です。

受検会場の提供、試験運営に興味をお持ちの教育機関様がいらっしゃいましたら、
お気軽にお問い合わせください。