一般社団法人
日本マイスター検定協会

資格・検定一覧

LICENSE

一覧を見る

衛生管理者

衛生管理者は労働安全衛生法という法律により定められた国家資格です。就労中の労働災害や、労働者の健康障がいを防止することです。 事業場の衛生管理や労働者の健康管理はもちろん、労働者への衛生教育や衛生委員会の運営も、衛生管理者の仕事になります。衛生管理者の仕事は大変な一方で、労働者の健康を守るという大きなやりがいがあります。様々な労働の問題が公然となっている企業の現場において、衛生管理者の働きにより劣悪な労働環境を改善できる可能性があります。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律において、賃貸住宅管理業務を行ううえで設置が義務付けられている業務管理者の要件とされた国家資格のことです。賃貸住宅管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家としてその能力を発揮し、賃貸不動産の管理を適切に行うことを通じて、賃貸不動産所有者の資産の有効活用、不動産に居住し利用する賃借人等の安全・安心を確保するといった非常に重要な役割を担っています。賃貸住宅のオーナーにとっては、不動産資産の効果的な活用を手助けしてくれるコンサルタントのような存在です。一方で、賃貸住宅に入居する人々にとっては、賃貸住宅オーナーとの間に立って快適な生活を守ってくれる頼りがいのある専門家となります。

基本情報技術者

基本情報技術者試験は、情報技術に関する基礎的な知識やスキルを持った人材を認定する日本の国家資格試験です。運営元は一般社団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)であり、制度改正前は年に2回実施されていましたが、2023年4月の制度改正後は、通年受験になり受験回数も2回から無制限に変更されました。
難易度は、一般的には比較的高いとされています。合格率は、1次試験が60%弱程度、2次試験は70%程度となっています。

ITエンジニアとしてキャリアをスタートしたい人におすすめの資格です。

一覧を見る
お知らせ

NEWS

一覧を見る
一覧を見る